イベント・セミナー


関わる人・動物全てに安心を与える動物看護師を増やしたい!
2018年度ぺピイ動物看護師向けセミナー 案内開始です!

動物看護師の皆さんには、動物が適切な動物医療を受けられ、安心して日々を過ごせるよう動物と飼い主様をサポートできるスキルが求められています。ぺピイセミナーは、多彩な講師による楽しい講座を通じて、臨床現場で必要な「動物看護スキル」から、しつけやシニアケア、ペットマッサージなどの「飼い主サポートスキル」、院内のチーム力を上げる「コミュニケーションスキル」まで、動物看護師として病院に必要とされ、長く活躍していただくための、多様なスキルを身につけていただけます。「聞いて終わり」のセミナーが多い中、グループディスカッション等で自分の考えを発言していただく時間を設け、「聞いた知識を外向けに発信する意識」「飼い主様に分かりやすく説明する力」が身につくように工夫もしています。おかげ様で年々参加者が増え、昨年(2017年度)は全国1,585名の動物病院スタッフ(動物看護師、トリマー、トレーナー等)の皆様に参加いただきました。
今年は、獣医師様向けセミナーも増やしています!
是非ぺピイセミナーに参加して新しい知識、技術を身につけてください!

東京

大阪

講師紹介

〜一次診療でもここまで出来る!〜
ぺピイ・ネオベッツ ベテリナリーセミナー 大阪ラウンド

 
内容 自院で治せる症例を増やし、他院との差別化を
図るための「獣医師向け・新セミナー」!

 近年、犬猫の飼育頭数が減っていく一方、動物病院の数は増えている状況が見られます。貴院のお近くにも新しい病院が出来ていませんか?今後、10年、20年と地域の飼い主様に必要とされるためには、他の一次診療では敬遠されるような症例を扱い、他院にはない専門性を持つことが必要ではないでしょうか。本セミナーでは、高度2次診療病院・ネオベッツVRセンター様(大阪市)にご協力いただき、一次診療病院でも可能な「眼科」「腫瘍外科」「神経外科」に必要な基礎知識について分かりやすく解説していただきます!本セミナーに参加して、自院で治療可能な科目・症例を増やし、他院との差別化を図りませんか?是非お申込みください!

講師:ネオベッツVRセンター獣医師

                       
講座1.『眼球付属器の疾患と手術』
<日時>2018年10月17日(水)20:00〜23:00
<講師>小山博美(眼科部門)
◆眼球付属器(眼瞼、眼窩組織)の疾患を説明します。治療として一次診療で可能な眼球摘出術、義眼挿入術などから眼瞼睫毛疾患に対する手術について解剖、適応から実際の手術まで講義を行います。また眼科手術に必要な準備や機材などの基礎について説明します。
◆カリキュラム:
眼科手術の準備と機材/眼球付属器の解剖/眼瞼の疾患と手術/睫毛の疾患と手術/眼球摘出術(適応と術式)/義眼手術(適応と術式)
講座2.『角膜の疾患と治療』
<日時>2018年11月14日(水)20:00〜23:00
<講師>小山博美(眼科部門)
◆角膜の基礎から角膜疾患について説明します。角膜疾患に対する点眼での治療と手術による治療を話します。角膜潰瘍については一次診療でも可能な角膜の処置と手術から専門医に紹介すべき症例などを紹介します。
◆カリキュラム:
角膜の解剖、生理/角膜の非潰瘍性疾患/角膜の潰瘍性疾患/角膜疾患に対する点眼治療/角膜に対する手術
講座3.『腫瘍を取る前の想定』
<日時>2018年12月19日(水)20:00〜23:00
<講師>田戸雅樹(腫瘍部門)
◆腫瘍外科を行う上で絶対に忘れてはならないのは、「がん」という全身疾患を持つ高齢動物が対象という事です。当然、リスクや合併症の可能性もありますが、それを上回るだけのメリットが手術により得られなければなりません。そこで画像診断と生検結果から具体的な手術方針の想定手順を説明していきます。
◆カリキュラム:
ステージングとCT検査/生検方法/手術マージンの想定/合併症の想定/創の想定
講座4.『腫瘍を取る為の工程』
<日時>2019年1月16日(水)20:00〜23:00
<講師>田戸雅樹(腫瘍部門)
◆手術が上手くいかないのは、想定が誤っているか、工程が悪いかのどちらかです。想定は理論的に組み立てられますが、工程は具体例を見なければ、イメージすら出来ません。したがって、実際の手術動画を見ながらの説明を行います。
◆カリキュラム:
頭部の手術工程/胸部の手術工程/腹部の手術工程/骨盤腔の手術工程/体表の手術工程
講座5.『椎間板ヘルニアの治療戦略と手術手技』
<日時>2019年2月20日(水)20:00〜23:00
<講師>王寺隆(脳神経部門)
◆本講座では脊髄障害の代表的疾患である頚部および胸腰部の椎間板ヘルニアについて、各病態に対する治療戦略やそれぞれの手術での“ちょっとしたポイント”を紹介します。特に新しい術式である部分的椎弓切除術(partial lateral corpectomy)についても動画を用いて細かく解説します。
◆カリキュラム:
 @胸腰部椎間板ヘルニアの治療戦略
 ・片側椎弓切除術(hemilaminectomy)
 ・椎体部分切除術(partial lateral corpectomy)
 A頚部椎間板ヘルニアの治療戦略
 ・腹側減圧術(ventral slot)
 ・片側椎弓切除術(hemilaminectomy)
 ・背側椎弓切除術(dorsal laminectomy)
 B椎間板ヘルニアの鑑別疾患
 ・脊髄くも膜嚢胞や脊髄腫瘍の外科治療
講座6.『椎体固定とその他神経外科』
<日時>2019年3月20日(水)20:00〜23:00
<講師>王寺隆(脳神経部門)
◆環軸椎不安定症やウォブラー症候群、椎体骨折など固定を必要とする脊髄疾患について解説します。画像診断のポイントや画像を元にした手術計画の立案、手術での注意点を紹介します。また、その他の神経外科として一次診療でも対応可能な脳外科:水頭症V-Pシャント術について紹介します。
◆カリキュラム:
 C環軸不安定症の治療戦略
 ・腹側整復固定術
 D頚部・胸腰部椎体固定(ウォブラー症候群および椎体骨折)
 ・matrix mandible plateを使用した椎体固定
 ・PMMAを使用した椎体固定
 E水頭症
 ・V-Pシャント術
日程 <講座1>2018年10月17日(水)
<講座2>2018年11月14日(水)
<講座3>2018年12月19日(水)
<講座4>2019年1月16日(水)
<講座5>2019年2月20日(水)
<講座6>2019年3月20日(水)
時間 20:00〜23:00
申込期間 開催日の10日前まで
※定員になり次第受付は終了とさせていただきます。
会場 大阪ぺピイ動物看護専門学校2Fセミナーホール
(大阪市東成区中道3-8-15)最寄駅からの案内図
受講料 1講座:5,000円  
全6回一括申込割引:27,000円
ネオベッツVRセンターの株主病院にご所属の方は、下記金額で受講いただけます。
 <各講座>3,000円  <一括申込>16,200円
※お申込みの際に、「ご優待No.」をお知らせいただいた方のみ適用させていただきます。
※「ご優待No.」は、ネオベッツ事務局より株主病院様へメールにて ご案内があります。
受講対象 獣医師
定員 50名
申込 以下の申し込みフォームよりお申込みください。
お申込み後、3 営業日以内に受講料のお振込口座、
当日案内等をメールにてご返信いたします。
3 営業日が過ぎても弊社からの返信がない場合は、
恐れ入りますがご連絡をお願いいたします。

【キャンセルの場合】
キャンセルの場合は必ずお電話で弊社(TEL 06-6971-1171)まで
ご連絡くださいますようお願いいたします。
メール、FAXによるキャンセルはお受けできかねます。
お申込いただいてから、セミナー開催4日前までのキャンセルは
受講料の10%を差引きご返金いたします。
セミナー開催日から3日前までのキャンセルについては
ご返金いたしかねますのでご了承ください。
【メールアドレスのご登録に際して】
お申込み後、受講料のお支払先や当日案内のご連絡、
緊急のご連絡(セミナー中止等)をメールにて行います。
恐れ入りますが、弊社からのメールを必ず受信していただけるよう、
下記ご留意事項をお確かめの上、メールアドレスの
ご登録をお願いいたします。
<携帯・スマートフォンのアドレスをご利用の方>
docomo、au、softbankなど、各キャリアのセキュリティ設定のため
ユーザー受信拒否と認識されているか、お客様が迷惑メール対策等で、
ドメイン指定受信を設定されている場合に、メールが正しく
届かないことがございます。
以下のドメインを受信できるように設定をお願いいたします。
@peppy.jp
<PCメールアドレスをご利用の方>
お使いのメールサービス、メールソフト、ウイルス対策ソフト等の
設定により「迷惑メール」と認識され、メールが届かない場合があります。
(特にYahoo!メールやHotmailなどのフリーメールをお使いの方)
その場合は「迷惑メールフォルダー」等をご確認いただくか、
お使いのサービス、ソフトウェアの設定をご確認ください。

もうパニックにならない!初動スピードを確実に上げる!
動物看護師のための救急対応スキルアップ講座in東京(全3回)

 
内容 動物看護師の皆さんからの
セミナー開催の要望が最も多い
「エマージェンシー対応」の新セミナー!

 現役の動物看護師の皆さんから、本当に多くのセミナー開催希望の声が寄せられる「エマージェンシー対応」。苦手と感じる方や、「パニックになり固まってしまう」という方が多くいらっしゃるようです。あなたにも、救急対応に対する不安がありませんか?
 セミナーの目的は、一次診療病院の動物看護師として、救急対応で「最低限やるべきこと」についての引き出しを増やし、救急が発生した時、パニックにならず数秒以内に一歩目(初動)が踏み出せるようになること!全3回の講座で、若手スタッフさんもベテランスタッフさんも救急対応時の現場の動きをレベルアップしていただきます。人気講師の中村先生による、楽しく、明確にポイントが理解できる、わかりやすい講義で不安を減らし、もっと自信を持って働けるようになりませんか?多くのお申込みが予想されますので、参加ご希望の方は、下記の申込フォームより今すぐお申込みください!

講師:中村 篤史 先生(TRVA 夜間救急動物医療センター 院長)
     

講座1.呼吸器疾患の救急対応:「呼吸が苦しそう」
<日時>2018年11月19日(月)19:30〜21:30
<内容>

・何より最初に呼吸の評価を最初に行う。
・呼吸回数の測定、異常呼吸音の有無、呼吸姿勢、チアノーゼの有無などを確認し、いずれかに異常がある場合は、酸素吸入を優先する。
・低酸素状態の動物は、無理な保定や体位にすることでストレスにより急激に悪化させてしまう可能性があるため、検査、処置は迅速に済ませ、酸素室などでの安定化を行う。

講座2.呼吸器疾患の救急対応:「呼吸が苦しそう」
<日時>2019年1月21日(月)19:30〜21:30
<内容>

・見た目はぐったり、ふらつき、嘔吐で来院。
・外見上何が原因かがわかりにくいので、身体検査を行う。
・ポイントは、意識レベルの低下、心拍数(頻脈、徐脈)、粘膜色の3つ!
・このような症例では血圧を測定する。
・循環不全が原因のため、酸素吸入と血管確保を優先する。

講座3.中枢神経障害の救急対応:「けいれんが止まりません」
<日時>2019年3月18日(月)19:30〜21:30
<内容>

・中枢神経障害は、姿勢、意識レベル、瞳孔サイズで評価する
・けいれんが起こっている場合は、血管確保を行い、抗けいれん処置を優先する
・低血糖による発作の場合は、グルコースの投与を優先する。(簡易血糖の測定)
・高体温や誤嚥性肺炎は、窒息などを引き起こす可能性があるため、SPO2による酸素化の評価や体温測定も行う

日程 <講座1>2018年11月19日(月)
<講座2>2019年1月21日(月)
<講座3>2019年3月18日(月)
時間 19:30〜21:30
申込期間 開催日の10日前まで
※定員になり次第受付は終了とさせていただきます。
会場 専門学校ビジョナリーアーツ 5階 Vaホール
(東京都渋谷区桜丘町23-18)
 
受講対象 動物看護師 他、全ての動物病院スタッフ様
受講料 1講座:4,000円  
一括申込(割引):10,800円
定員 80名
申込 以下の申し込みフォームよりお申込みください。
お申込み後、3 営業日以内に受講料のお振込口座、
当日案内等をメールにてご返信いたします。
3 営業日が過ぎても弊社からの返信がない場合は、
恐れ入りますがご連絡をお願いいたします。

【キャンセルの場合】
キャンセルの場合は必ずお電話で弊社(TEL 06-6971-1171)まで
ご連絡くださいますようお願いいたします。
メール、FAXによるキャンセルはお受けできかねます。
お申込いただいてから、セミナー開催4日前までのキャンセルは
受講料の10%を差引きご返金いたします。
セミナー開催日から3日前までのキャンセルについては
ご返金いたしかねますのでご了承ください。
【メールアドレスのご登録に際して】
お申込み後、受講料のお支払先や当日案内のご連絡、
緊急のご連絡(セミナー中止等)をメールにて行います。
恐れ入りますが、弊社からのメールを必ず受信していただけるよう、
下記ご留意事項をお確かめの上、メールアドレスの
ご登録をお願いいたします。
<携帯・スマートフォンのアドレスをご利用の方>
docomo、au、softbankなど、各キャリアのセキュリティ設定のため
ユーザー受信拒否と認識されているか、お客様が迷惑メール対策等で、
ドメイン指定受信を設定されている場合に、メールが正しく
届かないことがございます。
以下のドメインを受信できるように設定をお願いいたします。
@peppy.jp
<PCメールアドレスをご利用の方>
お使いのメールサービス、メールソフト、ウイルス対策ソフト等の
設定により「迷惑メール」と認識され、メールが届かない場合があります。
(特にYahoo!メールやHotmailなどのフリーメールをお使いの方)
その場合は「迷惑メールフォルダー」等をご確認いただくか、
お使いのサービス、ソフトウェアの設定をご確認ください。

ぺピイ・ネオベッツ マスターシリーズ
『輸液療法』

 
内容 最新の治療法をマスターする、
獣医師向けセミナーの新シリーズ!

 輸液療法を全6回でマスターするシリーズを開催します。日常診療で欠かすことのできない輸液を基礎から応用まで網羅するために以下の内容を実施します。
 第1回目は輸液の基礎知識の整理を行います。日常診療の中で欠かすことのできない輸液療法ですが、高カリウム血症や糖尿病性ケトアシドーシスには生理食塩液、急性腎障害には大量輸液、入院したらとりあえず 維持液を流しておく、のように慣習的な輸液を行っていませんか? 
 近年、輸液療法は変遷の時代を迎えています。学生時代に習ったスターリング式の改変、古典的なサードスペースの否定、10年前の知識は今では使い物にならなくなっています。ここで初心に帰り、今一度基礎から輸液療法を学びましょう。講義では、体液分布・浸透圧と張度・輸液製剤の性質と使い方について概説し、臨床例での実際の対応も含めてご説明いたします。講義の後には、明日からスグに活かせる!と思っていただけるはずです。

講師:石塚 友人先生(北海道大学 附属動物病院 特任助教)

<カリキュラム>
<講座1> 輸液の基礎知識と日常診療・救急・ICUにおける
      体液管理の原則
<講座2> 周術期輸液循環管理〜利尿剤、循環作動薬の使い方
<講座3> 知らないと損をする!?体液量の評価方法
<講座4> 輸液と血液ガスの深い関係
      120分どっぷり酸塩基平衡
<講座5> 病態別体液管理 ショック!!
      (敗血症、急性膵炎など)
<講座6> 病態別体液管理
      胸水腹水ある動物に輸液するときのコツ

日程 <講座1> 2018年10月25日(木)
<講座2> 2018年11月22日(木)
<講座3> 2018年12月27日(木)
<講座4> 2019年1月24日(木)
<講座5> 2019年3月28日(木)
<講座6> 2019年4月25日(木)
時間 21:00〜23:00(2h)
申込期間 開催日の10日前まで
※定員になり次第受付は終了とさせていただきます。
会場 大阪ぺピイ動物看護専門学校2Fセミナーホール
(大阪市東成区中道3-8-15)最寄駅からの案内図
受講料 1講座:3,000円
受講対象 獣医師
定員 50名
申込 以下の申し込みフォームよりお申込みください。
お申込み後、3 営業日以内に受講料のお振込口座、
当日案内等をメールにてご返信いたします。
3 営業日が過ぎても弊社からの返信がない場合は、
恐れ入りますがご連絡をお願いいたします。

【キャンセルの場合】
キャンセルの場合は必ずお電話で弊社(TEL 06-6971-1171)まで
ご連絡くださいますようお願いいたします。
メール、FAXによるキャンセルはお受けできかねます。
お申込いただいてから、セミナー開催4日前までのキャンセルは
受講料の10%を差引きご返金いたします。
セミナー開催日から3日前までのキャンセルについては
ご返金いたしかねますのでご了承ください。
【メールアドレスのご登録に際して】
お申込み後、受講料のお支払先や当日案内のご連絡、
緊急のご連絡(セミナー中止等)をメールにて行います。
恐れ入りますが、弊社からのメールを必ず受信していただけるよう、
下記ご留意事項をお確かめの上、メールアドレスの
ご登録をお願いいたします。
<携帯・スマートフォンのアドレスをご利用の方>
docomo、au、softbankなど、各キャリアのセキュリティ設定のため
ユーザー受信拒否と認識されているか、お客様が迷惑メール対策等で、
ドメイン指定受信を設定されている場合に、メールが正しく
届かないことがございます。
以下のドメインを受信できるように設定をお願いいたします。
@peppy.jp
<PCメールアドレスをご利用の方>
お使いのメールサービス、メールソフト、ウイルス対策ソフト等の
設定により「迷惑メール」と認識され、メールが届かない場合があります。
(特にYahoo!メールやHotmailなどのフリーメールをお使いの方)
その場合は「迷惑メールフォルダー」等をご確認いただくか、
お使いのサービス、ソフトウェアの設定をご確認ください。

大阪ぺピイ動物看護専門学校
平成30年度継続教育プログラム

 
内容 感染症の患者様への的確な看護の実践を目指したカリキュラム!
 本年度も、石川帝京先生(ミントペットクリニック院長)による『原理原則シリーズ(全6回)』を開催いたします。今回のテーマは「感染症」です。感染症は動物病院でよく遭遇する疾患の1つ。現場での経験が長い動物看護師さんの中には、感染症にかかった動物や飼い主様への対応に慣れている方も多いと思います。慣れてしまっている、何となくできてしまっているからこそ、原理原則の勉強がなおざりになっていませんか?
 今回の「原理原則シリーズ」では、感染症を3時間×6回の計18時間、勉強していただくことで、病原体の特徴から治療法・予防法までを総整理します。全部のセミナーを受けていただいた後には、感染症に対する看護やクライアントエデュケーションのスキルが1段階上がっていることだと思います。

セミナー動画の無料配信があるので復習ができ、遅刻・欠席時も安心!
 今回も、参加特典として受講講座のセミナー動画配信(受講後2ヵ月間見放題!)が付いているので、万が一の欠席や聞き逃し、復習にも便利です!下記をご覧いただき、是非6回共にご受講ください!

<カリキュラム>
<講座1>総論 @
<講座2>総論 A
<講座3>細菌・真菌感染症
<講座4>ウイルス感染症
<講座5>寄生虫感染症
<講座6>検査・駆虫・予防プログラム

講師:石川 帝京(ミントペットクリニック院長/大阪ぺピイ動物看護専門学校 講師)

※カリキュラム詳細は大阪ペピイ動物看護専門学校のHPでご覧下さい。
※このセミナーは、新日本カレンダー(株)ペピイHRD事業部が運営業務を代行しています。

日程 <講座1>2018年10月28日(日)
<講座2>2018年11月25日(日)
<講座3>2018年12月23日(日)
<講座4>2019年1月20日(日)
<講座5>2019年2月17日(日)
<講座6>2019年3月24日(日)
時間 14:00〜17:00
申込期間 開催日の10日前まで
ただし、それまでに定員に達した場合はその時点で締切とさせて頂きます。
会場 NKスクエア玉造3Fセミナーホール
(大阪市東成区中道3-8-11)最寄駅からの案内図

※<講座6>のみ、
大阪市獣医師会セミナーホール
(大阪市東成区中道3-8-11 NKビル2F)
受講料 一般 ¥4,000
大阪ペピイ動物看護専門学校卒業生 ¥3,000
定員 60名
受講対象 動物病院に勤務している動物看護師、および
勤務経験のある動物看護師の方
特典 セミナー動画を2ヵ月無料配信します。
万が一の聞き逃しやご欠席、復習時にも安心です!!
申込 以下の大阪ペピイ動物看護専門学校のホームページより、お申込ください。
お申込み後、3 営業日以内に受講料のお振込口座、 当日案内等をメール又にてご返信いたします。 3 営業日が過ぎても弊社からの返信がない場合は、 恐れ入りますがご連絡をお願いいたします。

【キャンセルの場合】
キャンセルの場合は必ずお電話で弊社(TEL 06-6971-1171)まで
ご連絡くださいますようお願いいたします。
メール、FAXによるキャンセルはお受けできかねます。
お申込いただいてから、セミナー開催4日前までのキャンセルは
受講料の10%を差引きご返金いたします。
セミナー開催日から3日前までのキャンセルについては
ご返金いたしかねますのでご了承ください。

⇒大阪ペピイ動物看護専門学校

        

中塚圭子 先生

株式会社ペピイ・動物看護師向けセミナー講師:中塚圭子、人とペットの共生環境研究所 所長、日本動物病院協会(JAHA)認定 家庭犬しつけインストラクター
  • 宮崎大学客員教授(環境人間学 博士)
  • 人とペットの共生環境研究所 所長
  • 公益社団法人日本動物病院協会(JAHA)認定 家庭犬しつけインストラクター
  • 神戸市愛護推進員 神戸市ペット相談窓口
  • 環境省「動物適正飼養講習会」講師
  • 公益社団法人日本愛玩動物協会 愛玩動物飼養管理士スクーリング講師
  • 大阪ぺピイ動物看護専門学校講師

1994年より自宅スタジオにてドッグ・スクール「ドルチェカーネ中塚」を主宰。これまでに指導してきた犬は約4,500頭。
現在、大学・専門学校で指導するほか、NHKなどのメディア出演、全国各地での講演などを行う。
「犬の老いじたく(角川SSC新書)」等関連の著書も多数。

[出版物]
  • ニコニコしつけ読本
  • ワンちゃんと遊ぼう
  • ワンちゃんのしつけのコツ60
  • 犬の老いじたく
  • かわいい子犬の育て方

山下國廣 先生

株式会社ペピイ・動物看護師向けセミナー講師:山下國廣、獣医師、しつけインストラクター
  • 獣医師
  • しつけインストラクター

日本獣医畜産大学(現日本獣医生命科学大学)卒。獣医師。犬の問題行動治療やしつけ・トレーニング指導を行う「軽井沢ドッグビヘイビア」主宰。
幼少時より一貫して日本犬と暮らす。一時期流行した支配‐従属理論(犬と飼い主の関係をすべて順位付けに還元する説)に当初より疑問を持ち、行動分析学の文献を独習。「自分が犬の立場なら」という素朴な発想と学習理論の裏づけでしつけ・訓練に取り組む。
勤務獣医師として臨床にたずさわる傍ら、ボランティアでしつけ指導・問題行動修正を行ってきたが、2005年に独立開業。不適切なトレーニングで性格を荒らされてしまった日本犬の相談が多い。
相棒のすぐり(甲斐犬)を日本犬初の災害救助犬に育て上げ、多くの現場に出動(現在は引退)。最近では獣害対策犬や外来動物探索犬の育成指導も行う。

牧田明美 先生

株式会社ペピイ・動物看護師向けセミナー講師:牧田明美、ペットマッサージインストラクター、日本アンガーマネジメント協会アンガーマネジメントファシリテーター
  • ペットウェルネス・明賢corp 主宰
  • PetMassage Training & Research Institute 認定(アメリカ)ペットマッサージインストラクター
  • 一般社団法人 日本アンガーマネジメント協会アンガーマネジメントファシリテーター/アンガーマネジメントコーチ
  • 社団法人 行動科学マネジメント研究所認定行動科学マネジメントホルダー
  • 一般社団法人教育コミュニケーション協会 説明力メディエーター1級
  • 大阪ペピイ動物看護専門学校講師

カナダ・アメリカにてドッグトレーニング・ペットマッサージを学ぶ。1998年から飼い主向けのプライベートレッスンやグループレッスンを行い、ペット関連業者向けのセミナーを開催。8年間の動物病院マネージャー経験を経て、2010年、大阪ペピイ動物看護専門学校講師に就任。「ペットマッサージ」「院内コミュニケーション指導セミナー」を担当する。

星野惠子 先生

株式会社ペピイ・動物看護師向けセミナー講師:星野惠子、動物病院での接遇研修・心理セミナーインストラクター
  • 株式会社マンズ・リソース 代表取締役
  • 元日本航空国際線客室乗務員・元JALアカデミー接遇インストラクター
  • 日本ベビーコーチング協会理事・KMC認定心理カウンセラー

これまで病院・医療専門学校・福祉施設・動物病院を含め、600団体以上において接遇研修・心理セミナーを担当。

日下美保 先生

株式会社ペピイ・動物看護師向けセミナー講師:日下美保、動物病院での接遇研修・心理セミナーインストラクター
  • 株式会社マンズ・リソース 接遇講師
  • 元日本航空客室乗務員として勤務
  • JALコーディネーションサービス(株)・JALアカデミー(株)・キャプラン(株)・Jプレゼンスアカデミーにて、接遇インストラクターとして勤務
  • 日本交流分析協会交流分析士インストラクター・日本カウンセリング学会会員

1987年より接遇インストラクターとして大手企業・各種団体・教育機関・病院・介護施設・公共機関などの研修・講演・モニタリングなどに従事する。管理職・中堅・新人研修などを担当。

野口好美 先生

株式会社ペピイ・動物看護師向けセミナー講師:野口好美、動物病院での接遇研修・心理セミナーインストラクター
  • 株式会社マンズ・リソース 接遇講師
  • 元日本航空客室乗務員として勤務
  • JALコーディネーションサービス(株)・JALアカデミー(株)・キャプラン(株)・Jプレゼンスアカデミーにて、接遇インストラクターとして勤務
  • 日本メイクアッププロフェッショナル協会認定プロフェッショナルコース修了・日本きものコンサルタント協会着付け講師・華道師範・筝曲師範

接遇インストラクターとして22年間、大手企業・各種団体・教育機関・病院・介護施設・公共機関などの研修・講演・モニタリング・ビジネスメイクアップ指導などに従事する。管理職・中堅・新人研修などを担当。

福山貴昭 先生

株式会社ペピイ・動物看護師向けセミナー講師:福山貴昭、ヤマザキ学園大学助教
  • ヤマザキ学園大学助教
    危機管理学修士
  • サンフランシスコ動物愛護協会
    ヒヤリングドッグトレーナープログラム修了

幼少の頃からイヌと共に育った、イヌのハンドリング、トレーニング、グルーミングの スペシャリスト。動物看護師資格を持つ。現在は、“イヌにも学生にも人気”の教員として 教育現場で幅広く活躍している。

渡辺ひろこ 先生

株式会社ペピイ・動物看護師向けセミナー講師:渡辺ひろこ、JAHA(日本動物病院福祉協会)認定ドッグトレーニングインストラクター
  • Grace K9 fellowship labo(グレース ケーナイン フェローシップ ラボ)主宰
  • 甲南女子大学卒
  • JAHA(日本動物病院福祉協会)認定ドッグトレーニングインストラクター
  • 神戸市動物愛護推進委員

問題行動カウンセリングのほか、動物病院でのパピークラス、子犬〜上級までのクラスレッスンを開催。集合住宅での犬の飼い方講演・各地しつけ教室イベントの講師・動物管理センター譲渡子犬の預かりトレーニングなど活動の他、インストラクターの育成セミナー等プロデュースを手がける。

山本央子 先生

株式会社ペピイ・動物看護師向けセミナー講師:山本央子、家庭犬育成インストラクター/帝京科学大学・ヤマザキ学園大学・ヤマザキ動物専門学校 非常勤講師
  • 家庭犬育成インストラクター/帝京科学大学・ヤマザキ学園大学・ヤマザキ動物専門学校 非常勤講師

1989年渡米、アメリカ動物虐待防止協会にてしつけ、問題行動、セラピー犬の育成指導に従事、デルタ協会ペットパートナーズ・プログラムニューヨーク地区顧問、2001年帰国以来、問題行動のカウンセリング、執筆、講演活動、大学や専門学校での講師を通して「嫌悪刺激や強制法」を排除した安全な家庭犬育成指導の普及啓発に従事。近年は動物看護、美容、ドッグトレーナーからの指導依頼により実施研修での指導も行う。

入交眞巳 先生

株式会社ペピイ・動物看護師向けセミナー講師:入交眞巳
  • 日本ヒルズ・コルゲート株式会社
     アカデミック プロフェッショナル アフェアーズ マネージャー

日本獣医畜産大学を卒業後、米国インディアナ州立パデュー大学で博士号取得、ジョージア大学付属獣医教育病院獣医行動科レジデント課程を修了。
アメリカ獣医行動学専門医(Dipl. ACVB) の資格を有する。
北里大客員教授。岩手大学、ソウル大学等で非常勤講師を勤める。

        

阿部美奈子 先生

株式会社ペピイ・動物看護師向けセミナー講師:阿部美奈子、動物医療グリーフケアアドバイザー
  • 獣医師
  • 動物医療グリーフケアアドバイザー

1988年麻布大学大学院修士課程修了。
麻布大学付属病院研修医、動物病院勤務等を経て、2006年動物病院、専門学校にてグリーフケアセミナー開始。
2008年より動物病院に来院の多くの飼い主様が持つ、不安・苦悩・悲しみ・いらだち・不満・困惑など、様々な「悲嘆(グリーフ)」の感情に耳を傾けながらあらゆる気持ちを受け止め、大切なペットにとって、また飼い主様にとって最善の方法を一緒に考えるアドバイザーという仕事を手がける。
現在はマレーシアに家族とともに滞在。毎月、日本との往復生活を続けている。

 
 

服部 幸先生

株式会社ペピイ・動物看護師向けセミナー講師:服部 幸、東京猫医療センター院長、ねこ医学会(JSFM)理事
  • 東京猫医療センター院長
  • 北里大学獣医学部卒業
  • 2005年よりSyuSyu CAT Clinic 院長を務める
  • 2012年 東京猫医療センターを開院する
  • 013年 国際猫医学会から日本で初めてキャットフレンドリークリニックのゴールドレベルに認定
  • 2014年 ねこ医学会(JSFM)理事
  • 10年間、猫の専門医療に携わる。
 
 

若山 正之先生

株式会社ペピイ・動物介護士向けセミナー講師:若山 正之、若山動物病院 院長
  • 若山動物病院 院長

獣医師生活40年。
老齢になっても自分で食べ・歩き・排便排尿が出来、介護をしなくても良いような生涯を過ごさせたい、そのような思いで毎日の診療を行っています。著書には「老犬生活」「老齢介護エキスパートブック」などがあります。

 
  

志村知彦 先生

株式会社ペピイ・動物看護師向けセミナー講師:志村知彦、動物看護師、診療放射線技師
  • 診療放射線技師
  • 認定動物看護師

国際動物専門学校動物看護学科卒業。
動物看護師統一認定機構 認定動物看護師。
城西放射線技術専門学校卒業。
動物病院で動物看護師として勤務しながら、夜間学校へ通い診療放射線技師免許を取得。
現在、今後の動物医療のため人医療の救急指定病院に勤務し、画像検査の技術向上に努めている。
2014年、2015年臨床獣医学フォーラム(JBVP)年次大会にて「良いX線写真の撮影方法」を講演。
動物看護専門誌「as」(インターズー社)2017年4月号より新連載「うまくいくX線撮影」執筆開始。

  

伊藤大輔 先生

株式会社ペピイ・動物看護師向けセミナー講師:伊藤大輔、獣医師、ペットの食育セミナー
  • 獣医師
  • ペット食育協会 上級指導士

北里大学獣医畜産学部卒。
東京都内の動物病院に勤務後、独立。
現在は犬と猫の心臓病を専門として複数の動物病院での診療を行う。
飼い主向けの講演活動も行っており、数年にわたりペットの食育セミナーを開催している。

  

澤田眞弓 先生

  • 成城こばやし動物病院 獣医師
  • 小動物歯科研究会レベル4認定

院内で歯科治療を担当。
綺麗にトリミングして可愛くなったプードル。姿は天使、お口は悪魔、と言う状態。これは良くないと思います。
見ないと見えてこない、細部まで動物の健康を見守りましょう!

  

小林元郎 先生

  • 成城こばやし動物病院 院長
  • 公益社団法人東京都獣医師会 業務執行理事
  • 先制動物医療研究会 副会長
  • 東京城南地域獣医療推進協会 理事

  

石川和男 先生

  • 日本ヒルズ・コルゲート株式会社 獣医師
  • 一般社団法人日本動物看護職協会栄養認定委員

小動物の勤務獣医師を経て、ヒルズに入社。
入社後は、お客様相談室、マーケティング、学術などを担当。
現在は、体重管理製品に関する学術情報の発信やセミナーを行っている。

  

長濱正太郎 先生

株式会社ペピイ・動物看護師向けセミナー講師:伊藤大輔、獣医師、ペットの食育セミナー
  • 一般社団法人 日本動物麻酔科医協会 代表理事
  • 岐阜大学 客員准教授

東京大学獣医学博士課程修了後、東京大学付属動物医療センターや日本動物高度医療センターにて麻酔科医を担当し、現在は岐阜大学客員 准教授と日本動物麻酔科医協会代表理事を務める。


  

渡辺和明 先生

株式会社ペピイ・動物看護師向けセミナー講師:ペットグルーマー渡辺和明、岐阜大学客員 准教授、日本動物麻酔科医協会代表理事
  • Grooming space simple オーナーグルーマー

犬に負担のない美容が当たり前になり、命を尊重する世の中にする事を使命とし、繋がりを築く役割をなす為に活動をしている。東京・品川でGrooming space simpleというお店を経営し、自ら日本一優しい犬の美容師として営業している。犬に負担のないグルーミングを、論理的に、そして、最新のトレーニング理論や技術を用いて実践し、犬目線のグルーミングをすることにより、犬と戦わないグルーミング、犬と人お互いが楽に楽しくできるグルーミングを追及している。 また、愛護センターでのボランティアトリミング 、略してボラトリをSNSにて発信し続ける。セミナーも全国で展開し、JBVP(日本臨床獣医学フォーラム)でトリマーとして初の講師を務める。ホリスティックケアーカウンセラー養成講座・グルーミング担当等も務め、動物病院の美容のコンサルタントも行っている。

伊佐美登里 先生

株式会社ペピイ・動物看護師向けセミナー講師:伊佐美登里
  • フェリス動物病院 トリマー兼動物看護師

埼玉県所沢市フェリス動物病院トリマー兼看護師。 獣医師1名、看護師の採用は今まで一度もなく、トリマーが業務の傍ら看護業務をこなす。 専門学校ではサロン専攻科で学び、卒業後は2か所のサロンで勤務。サロン時代、病院で働いたことのない上司から「病院トリマーのマイナスイメージ」の話を聞かされ、自分の目で見てみないことには信じられないと感じ、思い付きで病院トリマーになることを決める。 トリミング部門新規立ち上げの募集を目にし、フェリス動物病院に面接へ行く。どうせやるなら、サロンに負けないくらいのトリミング部門にしたいと面接で大口を叩く。 オープンから10年、紆余曲折ありながらも1日平均10頭のご予約をこなすトリミング部門になる。 会社の備品に頼らず、とんでもない数のトリミング道具を自身で購入し、比較・研究することが趣味である。 2017年HAPPY GROOMING CONTESTクイックグルーム部門3年以上(制限時間40分)の部でハサミを一切使用せず、クリッパーのみで仕上げ、優勝。 現在は主にクリッパーの原理・構造などを生かす「エアークリッピング」のセミナー講師業もおこなう。

過去のイベント・セミナー