イベント・セミナー


獣医師様、動物病院スタッフ様のスキルアップをお手伝い!
2019年度ぺピイセミナー 案内開始です!

昨年(2018年度)は全国1,181名の皆様(獣医師、動物看護師、トリマー、トレーナー等)に参加いただきました!2019年度も、獣医師・動物看護師・トリマーの皆様の「スキルアップ」と「飼い主様との絆づくり」に役立つセミナーを沢山お届けします!

東京

大阪

講師紹介

もうパニックにならない!初動スピードを確実に上げる!
動物看護師のための救急対応スキルアップ講座in大阪(全3回)

 
内容 エマージェンシー対応の新セミナー、動物看護師のための救急対応スキルアップ講座動物看護師の皆さんからのセミナー開催の要望が最も多い
「エマージェンシー対応」の新セミナー!

 

救急対応に対する不安はありませんか?お話を聞くと、苦手と感じる方や、パニックになり固まってしまうという動物看護師の方が多くいらっしゃるようです。セミナーの目的は、一次診療病院の動物看護師として、救急対応で「最低限やるべきこと」についての引き出しを増やし、救急が発生した時、パニックにならず数秒以内に一歩目(初動)が踏み出せるようになること!全3回の講座で、若手スタッフさんもベテランスタッフさんも救急対応時の現場の動きをレベルアップしていただきます。人気講師の中村先生による、楽しく、明確にポイントが理解できる、わかりやすい講義で不安を減らし、もっと自信を持って働けるようになりませんか?多くのお申込みが予想されますので、参加ご希望の方は、下記の申込フォームより今すぐお申込みください!

TRVA 夜間救急動物医療センター 院長 中村先生
講師:中村 篤史先生
(TRVA 夜間救急動物医療センター 院長)

カリキュラム
講座1.
呼吸器疾患の救急対応:「呼吸が苦しそう」
<日程>2019年6月17日(月) 20:00〜22:00
<内容>
●何より最初に呼吸の評価を最初に行う。
●呼吸回数の測定、異常呼吸音の有無、呼吸姿勢、チアノーゼの有無などを確認し、いずれかに異常がある場合は、酸素吸入を優先する。
●低酸素状態の動物は、無理な保定や体位にすることでストレスにより急激に悪化させてしまう可能性があるため、検査、処置は迅速に済ませ、酸素室などでの安定化を行う。
講座2.
循環不全の救急対応:「急にぐったりした」
<日程>2019年8月5日(月)20:00〜22:00
<内容>
●見た目はぐったり、ふらつき、嘔吐で来院。
●外見上何が原因かがわかりにくいので、身体検査を行う。
●ポイントは、意識レベルの低下、心拍数(頻脈、徐脈)、粘膜色の3つ!
●このような症例では血圧を測定する。
●循環不全が原因のため、酸素吸入と血管確保を優先する。
講座3.
中枢神経障害の救急対応:
「けいれんが止まりません」

<日程>2019年10月28日(月)20:00〜22:00
<内容>
●中枢神経障害は、姿勢、意識レベル、瞳孔サイズで評価する
●けいれんが起こっている場合は、血管確保を行い、抗けいれん処置を優先する
●低血糖による発作の場合は、グルコースの投与を優先する。(簡易血糖の測定)
●高体温や誤嚥性肺炎は、窒息などを引き起こす可能性があるため、SPO2による酸素化の評価や体温測定も行う
昨年開催の東京セミナー 参加者の声はコチラ
日程 <講座1> 2019年6月17日(月)
<講座2> 2019年8月5日(月)
<講座3> 2019年10月28日(月)
時間

20:00〜22:00

申込期限 各講座開催日の10日前まで
※定員になり次第受付は終了とさせていただきます。
会場

大阪ペピイ動物看護専門学校 2F セミナーホール

(大阪市東成区中道3-8-15) 最寄駅からの案内図

受講対象 動物看護師 他、全ての動物病院スタッフ様
受講料 <各講座> 1講座:6,000円
<一括申込(割引)>16,200円
定員 100名
申込 以下の申し込みフォームよりお申込みください。
お申込み後、3 営業日以内に受講料のお振込口座、
当日案内等をメールにてご返信いたします。
3 営業日が過ぎても弊社からの返信がない場合は、
恐れ入りますがご連絡をお願いいたします。

【キャンセルの場合】
キャンセルの場合は必ずお電話で弊社(TEL 06-6971-1171)まで
ご連絡くださいますようお願いいたします。
メール、FAXによるキャンセルはお受けできかねます。
お申込いただいてから、セミナー開催4日前までのキャンセルは
受講料の10%を差引きご返金いたします。
セミナー開催日から3日前までのキャンセルについては
ご返金いたしかねますのでご了承ください。
【メールアドレスのご登録に際して】
お申込み後、受講料のお支払先や当日案内のご連絡、
緊急のご連絡(セミナー中止等)をメールにて行います。
恐れ入りますが、弊社からのメールを必ず受信していただけるよう、
下記ご留意事項をお確かめの上、メールアドレスの
ご登録をお願いいたします。
<携帯・スマートフォンのアドレスをご利用の方>
docomo、au、softbankなど、各キャリアのセキュリティ設定のため
ユーザー受信拒否と認識されているか、お客様が迷惑メール対策等で、
ドメイン指定受信を設定されている場合に、メールが正しく
届かないことがございます。
以下のドメインを受信できるように設定をお願いいたします。
@peppy.jp
<PCメールアドレスをご利用の方>
お使いのメールサービス、メールソフト、ウイルス対策ソフト等の
設定により「迷惑メール」と認識され、メールが届かない場合があります。
(特にYahoo!メールやHotmailなどのフリーメールをお使いの方)
その場合は「迷惑メールフォルダー」等をご確認いただくか、
お使いのサービス、ソフトウェアの設定をご確認ください。

お申込み

※このセミナーにて再申込の場合、申込フォームへの再入力は不要です。
お電話にて再受付致しますので、下記電話番号へご連絡下さい。
ペピイセミナー事務局 (06)6971-1171

獣医師マスターシリーズ『輸液療法』in東京(全6回)

   
内容 獣医師向けセミナー/ぺピイマスターシリーズ『輸液療法』in東京最新の治療法をマスターする、獣医師向けセミナーの新シリーズ!

 輸液療法を全6回でマスターする新シリーズを開催します。日常診療で欠かすことのできない輸液を基礎から応用まで網羅するために以下の内容を実施します。 第1回目は輸液の基礎知識の整理を行います。日常診療の中で欠かすことのできない輸液療法ですが、高カリウム血症や糖尿病性ケトアシドーシスには生理食塩液、急性腎障害には大量輸液、入院したらとりあえず 維持液を流しておく、のように慣習的な輸液を行っていませんか?  近年、輸液療法は変遷の時代を迎えています。学生時代に習ったスターリング式の改変、古典的なサードスペースの否定、10年前の知識は今では使い物にならなくなっています。ここで初心に帰り、今一度基礎から輸液療法を学びましょう。講義では、体液分布・浸透圧と張度・輸液製剤の性質と使い方について概説し、臨床例での実際の対応も含めてご説明いたします。講義の後には、明日からスグに活かせる!と思っていただけるはずです。


北海道大学 附属動物病院 特任助教 石塚 友人先生
講師:石塚 友人先生
(北海道大学 附属動物病院 特任助教)
カリキュラム
講座1.
輸液の基礎知識と日常診療・救急・ICUにおける
体液管理の原則

・輸液剤の選択に悩まない考え方の伝授
・投与された輸液剤がどのくらい血管内に保持されているのか?
 輸液投与速度の考え方の伝授
・生理食塩水の腎障害?
 乳酸リンゲル・酢酸リンゲル・重炭酸リンゲルはほぼ同じ?
 意外に知らない輸液製剤の特徴について解説します。
講座2.
周術期輸液循環管理〜輸液負荷タイミング、
循環作動薬の使い方

・輸液少ないとダメ、多くてもダメ、結局どうしたらいいの!
 その悩みを解決します。
・輸液による血液量の変化、健常動物への輸液、
 出血に対しての輸液、低血圧と輸液、
 この関係性をはっきりさせます!
・水たまりの出現、サードスペース再考。
・術中輸液計算法を教えてしまいます!
講座3.
知らないと損をする!?体液量の評価方法
・脱水の探し方…わかっちゃいます!
・ハイポボレミア…!?
・乳酸値上昇=循環不全=輸液!!→違いますよ!
 本当の乳酸値の使い方教えます。
講座4.
輸液と血液ガスの深い関係
120分どっぷり酸塩基平衡

・血液ガス分析装置持ってなくても大丈夫です!
心拍、血圧、呼吸数、電解質から予想できるのです。
・血液ガスあってよかった…と思ったことお知らせします。
・pHとカリウム、重炭酸とカリウム。
講座5.
病態別体液管理 ショック!!
(敗血症、急性膵炎など)

・漏れやすい血管に対して輸液をどう使うか
ノルアドレナリン、バソプレシン、ステロイド、
カルシウム製剤、ビタミンC?
・晶質液にする?膠質液にする?やっぱりアルブミン製剤?
使い方のコツを教えます。
講座6.
病態別体液管理
胸水腹水ある動物に輸液するときのコツ

・血清Naが130mEq/Lにおける体内ナトリウム量は少ない?多い?
 少ないと思った人は全員聴きに来てください。
・乏尿…たぶんこの方法で出ますよ
・肺水腫と輸液
 いつも過剰輸液が原因ってお話ししてませんか?
 それ本当ですか?
日程 <講座1> 2019年8月23日(金) ※申込期限:8月8日まで
<講座2> 2019年9月20日(金)
<講座3> 2019年10月25日(金)
<講座4> 2019年11月22日(金)
<講座5> 2019年12月20日(金)
<講座6> 2020年1月24日(金)
時間

20:30〜22:30(2h)

申込期限 各講座開催日の10日前まで
※定員になり次第受付は終了とさせていただきます。
会場 中央動物専門学校 19号館 2F 1921教室
(東京都北区東田端1-4-4)
受講料 1講座:4,500円(税込)
受講対象 獣医師
定員 100名
申込 以下の申し込みフォームよりお申込みください。
お申込み後、3 営業日以内に受講料のお振込口座、
当日案内等をメールにてご返信いたします。
3 営業日が過ぎても弊社からの返信がない場合は、
恐れ入りますがご連絡をお願いいたします。

【キャンセルの場合】
キャンセルの場合は必ずお電話で弊社(TEL 06-6971-1171)まで
ご連絡くださいますようお願いいたします。
メール、FAXによるキャンセルはお受けできかねます。
お申込いただいてから、セミナー開催4日前までのキャンセルは
受講料の10%を差引きご返金いたします。
セミナー開催日から3日前までのキャンセルについては
ご返金いたしかねますのでご了承ください。
【メールアドレスのご登録に際して】
お申込み後、受講料のお支払先や当日案内のご連絡、
緊急のご連絡(セミナー中止等)をメールにて行います。
恐れ入りますが、弊社からのメールを必ず受信していただけるよう、
下記ご留意事項をお確かめの上、メールアドレスの
ご登録をお願いいたします。
<携帯・スマートフォンのアドレスをご利用の方>
docomo、au、softbankなど、各キャリアのセキュリティ設定のため
ユーザー受信拒否と認識されているか、お客様が迷惑メール対策等で、
ドメイン指定受信を設定されている場合に、メールが正しく
届かないことがございます。
以下のドメインを受信できるように設定をお願いいたします。
@peppy.jp
<PCメールアドレスをご利用の方>
お使いのメールサービス、メールソフト、ウイルス対策ソフト等の
設定により「迷惑メール」と認識され、メールが届かない場合があります。
(特にYahoo!メールやHotmailなどのフリーメールをお使いの方)
その場合は「迷惑メールフォルダー」等をご確認いただくか、
お使いのサービス、ソフトウェアの設定をご確認ください。

お申込み

※このセミナーにて再申込の場合、申込フォームへの再入力は不要です。
お電話にて再受付致しますので、下記電話番号へご連絡下さい。
ペピイセミナー事務局 (06)6971-1171

〜猫専門病院スタッフの問題解決アプローチ!動物看護師のための〜
猫の食事のお悩み解決in大阪

 
内容 動物看護師向け猫の食事のお悩み解決セミナー東京猫医療センター服部幸先生の新セミナー!
ISFM(国際猫医学会)より日本で初めてキャットフレンドリークリニック・ゴールドレベルに認定された東京猫医療センター院長の服部幸先生による新セミナーを開催します!毎日多くの方が来院する東京猫医療センターでは、飼い主さんが抱えているお悩みをどのように解決に導いているのか?飼い主さんに納得して取り組んでいただくために、猫の育て方・自宅ケアの方法をどの様に提案しているのか?その秘密を知りたくありませんか?

セミナーの目的は、たったの2つ!
@猫の健康につながる情報を沢山提供し、
 病院とあなたのファンを増やすこと!
Aファンが増え、来院回数が増えることで
 適切な医療を提供できるようになり、
 猫の健康を守ること!

猫ちゃんや飼い主さんに喜ばれるだけではありません。病院運営の面でもメリットが大きいので、セミナーで得た知識を活用できれば、あなたの力で病院を幸せにすることも可能です。今回は、飼い主さんからのお悩みの声がとても多い「猫の食事」をテーマに、猫専門病院のスタッフさんが行なっている問題解決アプローチを大公開!「食事」の視点から飼い主さんへアドバイスできるようになり、病院とあなたのファンを増やしましょう!服部幸先生の楽しく、わかりやすいセミナーに参加して、猫と飼い主さんのことを知り尽くした猫専門病院ならではのアドバイスの秘訣を持ち帰りませんか?参加ご希望の方は、下記より今すぐお申込みください!

<カリキュラム>
●好き嫌いがある子へのアドバイス
●食欲がない子への提案
●食事を切り替える時のコツ
●疾患別でのフードの話(療法食ほか)
●将来困らない猫の食育(幼猫・子猫・成猫ごと)
●高齢の子には何を食べさせたらイイ?
●みんなが気になるダイエットのこと
●上手に水を飲ませる方法
●同居猫との食事のさせ方
(療法食の子とそうでない子がいる場合)
●多くの動物看護師の悩みのタネ!「保定」のコツ

※カリキュラムは一部変更となる場合がございます。

講師:服部 幸先生2019年9月開催東京セミナー 参加者の声はコチラ
日程 2019年11月26日(火)
時間

14:00〜17:00

申込期限 2019年11月15日(金)
※定員になり次第受付は終了とさせていただきます。
会場 NKスクエア玉造3Fセミナーホール
(大阪市東成区中道3-8-11)最寄駅からの案内図
受講料 11,000円(税込)
定員 60名
申込 以下の申し込みフォームよりお申込みください。
お申込み後、3 営業日以内に受講料のお振込口座、
当日案内等をメールにてご返信いたします。
3 営業日が過ぎても弊社からの返信がない場合は、
恐れ入りますがご連絡をお願いいたします。

【キャンセルの場合】
キャンセルの場合は必ずお電話で弊社(TEL 06-6971-1171)まで
ご連絡くださいますようお願いいたします。
メール、FAXによるキャンセルはお受けできかねます。
お申込いただいてから、セミナー開催4日前までのキャンセルは
受講料の10%を差引きご返金いたします。
セミナー開催日から3日前までのキャンセルについては
ご返金いたしかねますのでご了承ください。
【メールアドレスのご登録に際して】
お申込み後、受講料のお支払先や当日案内のご連絡、
緊急のご連絡(セミナー中止等)をメールにて行います。
恐れ入りますが、弊社からのメールを必ず受信していただけるよう、
下記ご留意事項をお確かめの上、メールアドレスの
ご登録をお願いいたします。
<携帯・スマートフォンのアドレスをご利用の方>
docomo、au、softbankなど、各キャリアのセキュリティ設定のため
ユーザー受信拒否と認識されているか、お客様が迷惑メール対策等で、
ドメイン指定受信を設定されている場合に、メールが正しく
届かないことがございます。
以下のドメインを受信できるように設定をお願いいたします。
@peppy.jp
<PCメールアドレスをご利用の方>
お使いのメールサービス、メールソフト、ウイルス対策ソフト等の
設定により「迷惑メール」と認識され、メールが届かない場合があります。
(特にYahoo!メールやHotmailなどのフリーメールをお使いの方)
その場合は「迷惑メールフォルダー」等をご確認いただくか、
お使いのサービス、ソフトウェアの設定をご確認ください。

お申込み
        

中塚圭子 先生

株式会社ペピイ・動物看護師向けセミナー講師:中塚圭子、人とペットの共生環境研究所 所長、日本動物病院協会(JAHA)認定 家庭犬しつけインストラクター
  • 宮崎大学客員教授(環境人間学 博士)
  • 人とペットの共生環境研究所 所長
  • 公益社団法人日本動物病院協会(JAHA)認定 家庭犬しつけインストラクター
  • 神戸市愛護推進員 神戸市ペット相談窓口
  • 環境省「動物適正飼養講習会」講師
  • 公益社団法人日本愛玩動物協会 愛玩動物飼養管理士スクーリング講師
  • 大阪ぺピイ動物看護専門学校講師

1994年より自宅スタジオにてドッグ・スクール「ドルチェカーネ中塚」を主宰。これまでに指導してきた犬は約4,500頭。
現在、大学・専門学校で指導するほか、NHKなどのメディア出演、全国各地での講演などを行う。
「犬の老いじたく(角川SSC新書)」等関連の著書も多数。

[出版物]
  • ニコニコしつけ読本
  • ワンちゃんと遊ぼう
  • ワンちゃんのしつけのコツ60
  • 犬の老いじたく
  • かわいい子犬の育て方

山下國廣 先生

株式会社ペピイ・動物看護師向けセミナー講師:山下國廣、獣医師、しつけインストラクター
  • 獣医師
  • しつけインストラクター

日本獣医畜産大学(現日本獣医生命科学大学)卒。獣医師。犬の問題行動治療やしつけ・トレーニング指導を行う「軽井沢ドッグビヘイビア」主宰。
幼少時より一貫して日本犬と暮らす。一時期流行した支配‐従属理論(犬と飼い主の関係をすべて順位付けに還元する説)に当初より疑問を持ち、行動分析学の文献を独習。「自分が犬の立場なら」という素朴な発想と学習理論の裏づけでしつけ・訓練に取り組む。
勤務獣医師として臨床にたずさわる傍ら、ボランティアでしつけ指導・問題行動修正を行ってきたが、2005年に独立開業。不適切なトレーニングで性格を荒らされてしまった日本犬の相談が多い。
相棒のすぐり(甲斐犬)を日本犬初の災害救助犬に育て上げ、多くの現場に出動(現在は引退)。最近では獣害対策犬や外来動物探索犬の育成指導も行う。

牧田明美 先生

株式会社ペピイ・動物看護師向けセミナー講師:牧田明美、ペットマッサージインストラクター、日本アンガーマネジメント協会アンガーマネジメントファシリテーター
  • ペットウェルネス・明賢corp 主宰

カナダ留学中にドッグトレーニングを学びインストラクターとなる。1998年に帰国後、飼い主様向けのプライベートレッスンやグループレッスンを行い、ペット関連業者向けセミナーを開催する。2003年、大阪外語専門学校にて非常勤講師となり、翌年の2004年に「ペットビジネス科」学科長に就任。2003年〜2005年にアメリカに渡りペットマッサージインストラクターとなる。2017年フランスニースで講演。現在まで675名の指導をする。 2006年、飼い主様とペット達、専門学校での指導経験を評価され、民間動物病院のマネージャーに就任。就任当時マネージャー業への取り組みわからないことが多く苦労をする。しかし、職場の人間が快適に仕事を出来るように、様々なセミナーに参加しマネジメントやコーチングを学ぶ。8年間のマネージャーを務めた後に同じ悩みを抱える動物病院のサポート業務を開始。 「感情のコントロール」「説明力向上」「解決志向」のメソッドを取り入れ、独自の動物病院スタッフ専門の人材育成に関わるセミナーを開催し受講生や病院様から好評を得る。 動物病院関係者向け人材育成コミュニケーションセミナー述べ指導数541名。開催セミナー満足度平均95.6%。その日から活用が出来る現場実践型プログラムを提供し好評を得ている。セミナー後も卒業生や受講生が声をかけてくる人気講師。

星野惠子 先生

株式会社ペピイ・動物看護師向けセミナー講師:星野惠子、動物病院での接遇研修・心理セミナーインストラクター
  • 株式会社マンズ・リソース 代表取締役
  • 元日本航空国際線客室乗務員・元JALアカデミー接遇インストラクター
  • 日本ベビーコーチング協会理事・KMC認定心理カウンセラー

これまで病院・医療専門学校・福祉施設・動物病院を含め、600団体以上において接遇研修・心理セミナーを担当。

日下美保 先生

株式会社ペピイ・動物看護師向けセミナー講師:日下美保、動物病院での接遇研修・心理セミナーインストラクター
  • 株式会社マンズ・リソース 接遇講師
  • 元日本航空客室乗務員として勤務
  • JALコーディネーションサービス(株)・JALアカデミー(株)・キャプラン(株)・Jプレゼンスアカデミーにて、接遇インストラクターとして勤務
  • 日本交流分析協会交流分析士インストラクター・日本カウンセリング学会会員

1987年より接遇インストラクターとして大手企業・各種団体・教育機関・病院・介護施設・公共機関などの研修・講演・モニタリングなどに従事する。管理職・中堅・新人研修などを担当。

野口好美 先生

株式会社ペピイ・動物看護師向けセミナー講師:野口好美、動物病院での接遇研修・心理セミナーインストラクター
  • 株式会社マンズ・リソース 接遇講師
  • 元日本航空客室乗務員として勤務
  • JALコーディネーションサービス(株)・JALアカデミー(株)・キャプラン(株)・Jプレゼンスアカデミーにて、接遇インストラクターとして勤務
  • 日本メイクアッププロフェッショナル協会認定プロフェッショナルコース修了・日本きものコンサルタント協会着付け講師・華道師範・筝曲師範

接遇インストラクターとして22年間、大手企業・各種団体・教育機関・病院・介護施設・公共機関などの研修・講演・モニタリング・ビジネスメイクアップ指導などに従事する。管理職・中堅・新人研修などを担当。

福山貴昭 先生

株式会社ペピイ・動物看護師向けセミナー講師:福山貴昭、ヤマザキ学園大学助教
  • ヤマザキ学園大学助教
    危機管理学修士
  • サンフランシスコ動物愛護協会
    ヒヤリングドッグトレーナープログラム修了

幼少の頃からイヌと共に育った、イヌのハンドリング、トレーニング、グルーミングの スペシャリスト。動物看護師資格を持つ。現在は、“イヌにも学生にも人気”の教員として 教育現場で幅広く活躍している。

渡辺ひろこ 先生

株式会社ペピイ・動物看護師向けセミナー講師:渡辺ひろこ、JAHA(日本動物病院福祉協会)認定ドッグトレーニングインストラクター
  • Grace K9 fellowship labo(グレース ケーナイン フェローシップ ラボ)主宰
  • 甲南女子大学卒
  • JAHA(日本動物病院福祉協会)認定ドッグトレーニングインストラクター
  • 神戸市動物愛護推進委員

問題行動カウンセリングのほか、動物病院でのパピークラス、子犬〜上級までのクラスレッスンを開催。集合住宅での犬の飼い方講演・各地しつけ教室イベントの講師・動物管理センター譲渡子犬の預かりトレーニングなど活動の他、インストラクターの育成セミナー等プロデュースを手がける。

山本央子 先生

株式会社ペピイ・動物看護師向けセミナー講師:山本央子、家庭犬育成インストラクター/帝京科学大学・ヤマザキ学園大学・ヤマザキ動物専門学校 非常勤講師
  • 家庭犬育成インストラクター/帝京科学大学・ヤマザキ学園大学・ヤマザキ動物専門学校 非常勤講師

1989年渡米、アメリカ動物虐待防止協会にてしつけ、問題行動、セラピー犬の育成指導に従事、デルタ協会ペットパートナーズ・プログラムニューヨーク地区顧問、2001年帰国以来、問題行動のカウンセリング、執筆、講演活動、大学や専門学校での講師を通して「嫌悪刺激や強制法」を排除した安全な家庭犬育成指導の普及啓発に従事。近年は動物看護、美容、ドッグトレーナーからの指導依頼により実施研修での指導も行う。

入交眞巳 先生

株式会社ペピイ・動物看護師向けセミナー講師:入交眞巳
  • 日本ヒルズ・コルゲート株式会社
     アカデミック プロフェッショナル アフェアーズ マネージャー

日本獣医畜産大学を卒業後、米国インディアナ州立パデュー大学で博士号取得、ジョージア大学付属獣医教育病院獣医行動科レジデント課程を修了。
アメリカ獣医行動学専門医(Dipl. ACVB) の資格を有する。
北里大客員教授。岩手大学、ソウル大学等で非常勤講師を勤める。

阿部美奈子 先生

株式会社ペピイ・動物看護師向けセミナー講師:阿部美奈子、動物医療グリーフケアアドバイザー
  • 獣医師
  • 動物医療グリーフケアアドバイザー

1988年麻布大学大学院修士課程修了。
麻布大学付属病院研修医、動物病院勤務等を経て、2006年動物病院、専門学校にてグリーフケアセミナー開始。
2008年より動物病院に来院の多くの飼い主様が持つ、不安・苦悩・悲しみ・いらだち・不満・困惑など、様々な「悲嘆(グリーフ)」の感情に耳を傾けながらあらゆる気持ちを受け止め、大切なペットにとって、また飼い主様にとって最善の方法を一緒に考えるアドバイザーという仕事を手がける。
現在はマレーシアに家族とともに滞在。毎月、日本との往復生活を続けている。

服部 幸先生

株式会社ペピイ・動物看護師向けセミナー講師:服部 幸、東京猫医療センター院長、ねこ医学会(JSFM)理事
  • 東京猫医療センター院長
  • 北里大学獣医学部卒業
  • 2005年よりSyuSyu CAT Clinic 院長を務める
  • 2012年 東京猫医療センターを開院する
  • 013年 国際猫医学会から日本で初めてキャットフレンドリークリニックのゴールドレベルに認定
  • 2014年 ねこ医学会(JSFM)理事
  • 10年間、猫の専門医療に携わる。
 
 

若山 正之先生

株式会社ペピイ・動物介護士向けセミナー講師:若山 正之、若山動物病院 院長
  • 若山動物病院 院長

獣医師生活40年。
老齢になっても自分で食べ・歩き・排便排尿が出来、介護をしなくても良いような生涯を過ごさせたい、そのような思いで毎日の診療を行っています。著書には「老犬生活」「老齢介護エキスパートブック」などがあります。

 
  

志村知彦 先生

株式会社ペピイ・動物看護師向けセミナー講師:志村知彦、動物看護師、診療放射線技師
  • 診療放射線技師
  • 認定動物看護師

国際動物専門学校動物看護学科卒業。
動物看護師統一認定機構 認定動物看護師。
城西放射線技術専門学校卒業。
動物病院で動物看護師として勤務しながら、夜間学校へ通い診療放射線技師免許を取得。
現在、今後の動物医療のため人医療の救急指定病院に勤務し、画像検査の技術向上に努めている。
2014年、2015年臨床獣医学フォーラム(JBVP)年次大会にて「良いX線写真の撮影方法」を講演。
動物看護専門誌「as」(インターズー社)2017年4月号より新連載「うまくいくX線撮影」執筆開始。

  

伊藤大輔 先生

株式会社ペピイ・動物看護師向けセミナー講師:伊藤大輔、獣医師、ペットの食育セミナー
  • 獣医師
  • ペット食育協会 上級指導士

北里大学獣医畜産学部卒。
東京都内の動物病院に勤務後、独立。
現在は犬と猫の心臓病を専門として複数の動物病院での診療を行う。
飼い主向けの講演活動も行っており、数年にわたりペットの食育セミナーを開催している。

  

澤田眞弓 先生

  • 成城こばやし動物病院 獣医師
  • 小動物歯科研究会レベル4認定

院内で歯科治療を担当。
綺麗にトリミングして可愛くなったプードル。姿は天使、お口は悪魔、と言う状態。これは良くないと思います。
見ないと見えてこない、細部まで動物の健康を見守りましょう!

  

小林元郎 先生

  • 成城こばやし動物病院 院長
  • 公益社団法人東京都獣医師会 業務執行理事
  • 先制動物医療研究会 副会長
  • 東京城南地域獣医療推進協会 理事

  

石川和男 先生

  • 日本ヒルズ・コルゲート株式会社 獣医師
  • 一般社団法人日本動物看護職協会栄養認定委員

小動物の勤務獣医師を経て、ヒルズに入社。
入社後は、お客様相談室、マーケティング、学術などを担当。
現在は、体重管理製品に関する学術情報の発信やセミナーを行っている。

  

長濱正太郎 先生

株式会社ペピイ・動物看護師向けセミナー講師:伊藤大輔、獣医師、ペットの食育セミナー
  • 一般社団法人 日本動物麻酔科医協会 代表理事
  • 岐阜大学 客員准教授

東京大学獣医学博士課程修了後、東京大学付属動物医療センターや日本動物高度医療センターにて麻酔科医を担当し、現在は岐阜大学客員 准教授と日本動物麻酔科医協会代表理事を務める。


  

渡辺和明 先生

株式会社ペピイ・動物看護師向けセミナー講師:ペットグルーマー渡辺和明、岐阜大学客員 准教授、日本動物麻酔科医協会代表理事
  • Grooming space simple オーナーグルーマー

犬に負担のない美容が当たり前になり、命を尊重する世の中にする事を使命とし、繋がりを築く役割をなす為に活動をしている。東京・品川でGrooming space simpleというお店を経営し、自ら日本一優しい犬の美容師として営業している。犬に負担のないグルーミングを、論理的に、そして、最新のトレーニング理論や技術を用いて実践し、犬目線のグルーミングをすることにより、犬と戦わないグルーミング、犬と人お互いが楽に楽しくできるグルーミングを追及している。 また、愛護センターでのボランティアトリミング 、略してボラトリをSNSにて発信し続ける。セミナーも全国で展開し、JBVP(日本臨床獣医学フォーラム)でトリマーとして初の講師を務める。ホリスティックケアーカウンセラー養成講座・グルーミング担当等も務め、動物病院の美容のコンサルタントも行っている。

安部 里梅先生

株式会社ペピイ・動物看護師向けセミナー講師:安部 里梅、動物介護施設ペットケアホーム・リュッカ代表
  • 動物介護施設ペットケアホーム・リュッカ代表
一般社団法人 日本動物看護職協会 東海北陸近畿地区理事・支部長などの要職を歴任され、現在は、各所でのセミナー開催などその活躍の場を広げられています。
  • 統一認定機構 認定動物看護師
  • 2臨床栄養指導 認定動物看護師
  • ペットフード販売士
  • アニマルヘルパー講座修了

過去のイベント・セミナー